あなたと共に建物創り 戸塚エリアの設計・施工はアイムズへ

トップ>構造体-2(集成材)

構造体-2(集成材)

反り・歪・縮みが無く、確実な強度の「構造用集成材」


材木の単板(たんぱん)を貼り合わせて作る「集成材(集成材)」は、無垢の材料
の欠点を補い、確実な強度を確保できる構造材です。

 

                        【無垢材の欠点】
節があると、その部分の強度が落ちる。
   (その部分で折れやすくなる。)
長い間に材料が反ってくることがある。
長い間に材料が縮んでくることがある。


                         【集成材の特長】
◎単板を張り合わせることで、少々節があっても
  他の板が強度を補うので、安定した強度が確保
  できる。
  ひのき材(無垢)の強度<集成材の強度
                 (E=9000)  <1.2倍(  E=10500)
      ひのき(無垢)材に比べ約1.2倍の強度があります。
◎繊維の癖が異なる単板の組み合わさって柱
  としている為、反りや縮みが少なく、建物の
  経年劣化(反り、歪、縮み)が生じない。


ミニ知識:一般に使用されている柱や梁の材料(カラ松や杉)に比べ、集成材は安い?・・・・と思っている方・・・・・実際には集成材のほうが価格が高くなっております。

←前ページに戻る  次ページへ移動→