あなたと共に建物創り 戸塚エリアの設計・施工はアイムズへ

トップ>構造体-1(接合金具工法)

構造体-1(接合金具工法)

耐震性に優れ、確実に接合ができる「接合金具工法」


在来軸組工法(注1)の弱点を補うために開発された接合金具工法は、
木材の欠損部を極力減らし、「継手」や「仕口」部分を金具で接合・緊結
することで、高い精度と安全性を実現しました。


接合に用いる金具類

ドリフトピンでの接合は、打ち込み不足や打ち忘れがなく、
確実に接合強度が確保でき、安全な建物に出来上がります。


在来工法と接合金具工法との比較

 

                   ■在来工法の接合部             ■接合金具を使った接合部
 
 
継手と仕口で接合するため<柱の切欠け部分が大きい>ボルトとピンで接合するため柱にはボルト穴のみ<柱の切欠けが少ない>

注1)在来軸組工法・・・・・木造住宅の一般的な工法で、柱と梁、筋交い(すじかい)を用いて
                                       組立てる工法。

                                       接合部分は継手(つぎて)と仕口(しぐち)にて繋ぐ方法。


←前ページに戻る  次ページへ移動→